医学部奨学金なら NPO法人 医学生支援協会

医学部奨学金なら NPO法人 医学生支援協会
医学生支援協会とは 医学生教育支援 臨床研修病院紹介 奨学金制度
HOME臨床研修病院紹介 > 公立小浜病院
学生会員登録
 
医学支援協会とは
医学教育支援
奨学金制度
臨床研修病院紹介
 
医学生へのメッセージ
村野先生の研修ワンポイントアドバイス
病院紹介
医師臨床研修マッチングスケジュール
アクセス・MAP
 
 
病院紹介
 
杉田玄白記念 公立小浜病院
 

<医学生へのメッセージ・病院アピール>
病院概要
 杉田玄白記念公立小浜病院は創立以来今年で125周年を迎えました。この間、福井県の南端、若狭地方における唯一の総合病院として救急医療から高度医療まで、総合的に地域に密接した医療サービスを提供してきました。
 平成19年10月には、福井県で2番目の救命救急センターの発足、病棟全館の新築、続いて中央診療部、透析部門、そして健診部の刷新、充実が行われました。
 これに併せて、病院名に郷土の偉人杉田玄白の名を冠し「杉田玄白記念公立小浜病院」と改称しました。名実ともに新しくなった当院では、杉田玄白の実証精神を受け継ぎ、安全で良質な医療の提供を目指しています。

研修プログラムの特徴
 当 院は単独型の臨床研修病院としては比較的小規模で診療科の垣根が低く、研修の自由度が高く、個々の希望にも対応しやすい利点がありますので、基本、必修科目は勿論、選択科目についても、診療科の枠に囚われることなく、幅広く症例に接し、医師としての基本的な能力・技能・知識の修得を目指します。
 基本科目などについては、地域唯一の総合病院であり、様々な症例が集まりますので、症例数は問題ありませんし、救命救急センターでは、救急科専門医について1次〜3次救急までの幅広い、充実したプライマリケアの研修を行うことができます。また院外研修にも積極的に参加しています。
 地域保険・医療研修では、へき地医療拠点病院として、へき地巡回診療なども実施おり、地域医療の現場を実際に体験することができますし、介護保険も併設施設で研修ができます。また、精神科病棟も100床あるほか、全国トップクラスの待遇面などバックグランドも充実していますので、2年間落ち着いた環境の中で研修に集中できるでしょう。

 
 
 
 
 
医学生支援協会医学部奨学金)|医学生支援協会とは医学生教育支援臨床研修病院紹介研修医・医師紹介奨学金制度
セルフチェック問題集医師国家試験情報医学生無料相談学生会員登録病院登録問い合わせ・アクセスマップ
 
医学部奨学金なら NPO法人 医学生支援協会
 
Copyright (C) MSA All Rights Reserved.