医学部奨学金なら NPO法人 医学生支援協会

医学部奨学金なら NPO法人 医学生支援協会
医学生支援協会とは 医学生教育支援 臨床研修病院紹介 奨学金制度
HOME臨床研修病院紹介 > 公立陶生病院
学生会員登録
 
医学支援協会とは
医学教育支援
奨学金制度
臨床研修病院紹介
 
医学生へのメッセージ
村野先生の研修ワンポイントアドバイス
病院紹介
医師臨床研修マッチングスケジュール
アクセス・MAP
 
 
病院紹介
 
公立陶生病院
 
<診療科>
内科・精神科・神経科・循環器科・小児科・外科・整形外科・形成外科・ 脳神経外科・呼吸器外科・心臓血管外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科・歯科口腔外科

<プログラムの特徴>
(1) 地域中核病院においてプライマリ・ケアを中心に幅広い臨床経験を積むことができる。 (2) 基本必須期間で不十分な場合や研修医の将来の多様な進路にも対応できるように
  基本必須研修科目以外にも選択科研修期間を設けている。

<指導医からのメッセージ>
 当院は各科の指導医に当院で研修を受けた医師が大変多いのが特徴の一つで、皆が戻って来たくなる病院と自負しています。初期研修では救急外来での活動やICUをはじめ各科のローテートの中でどのような患者が来院しても自信を持って対応できる医師を育て上げます。そして、初期研修が終了したら当院での後期研修が待っています。
 現在当院で後期研修を行なっているのは38名に至っています。やる気のある人は我々の仲間に入りましょう。

<先輩からのメッセージ>
 医師としての基礎造りには医療全般の知識・理解と様々な手技の習得が必要となります。 陶生病院では医療の知識・理解の形成の機会が多く存在します。先輩ドクターやその他の医療従事者が昼休みの時間帯に「ランチョンセミナー」として医療全般の講義や手技の指導があり、研修医同士で実際経験した症例を題材に「研修医のはてな」を定期的に実施し、その他、学術講演会・症例発表・救急医療プログラムなど種々の学習の機会が多く存在します。また、手技の面でも、静脈路確保・縫合・胸水穿刺・気管内挿管・心肺蘇生・外傷処置など数多くの経験を積むことができます。
 当院では優秀な上級医が揃っており、優しく丁寧に指導をしてくださります。また、救急外来では愛知県下でも有数の救急車台数・患者数となっており、研修医1年目の初めより数多くの質の高い臨床経験を積む事ができます。陶生病院から医者としての第一歩を踏み出せば自ずと医師としての将来が開けてくると思います。

病院見学  随時受付     申し込み問い合せ先   職員課秘書係
0561-82-5101(代表)  hisho2205@tosei.or.jp

 
 
 
 
 
医学生支援協会医学部奨学金)|医学生支援協会とは医学生教育支援臨床研修病院紹介奨学金制度
セルフチェック問題集医師国家試験情報医学生無料相談学生会員登録問い合わせ・アクセスマップ
 
医学部奨学金なら NPO法人 医学生支援協会
 
Copyright (C) MSA All Rights Reserved.